快適なインターネットの回線速度の目安とは|光回線の1Gbpsってどれくらいの速さ?

1Gbps

プロバイダーのインターネット接続回線を紹介するWebサイトには、光回線における高速通信を示すキーワードとして「1Gbps」という文字をよく目にします。

「なんとなく速くて快適そう」という印象を受けますが、実際に1Gbpsとはどれほどの速さなのか。具体例を挙げつつ解説していきます。

◆インターネットの回線速度で見かける「bps」って何?

インターネット光回線の説明で「bps」という単語が登場しますが、回線速度を表示した単位であることは、皆さんご存知かと思います。

ただ実際にどのようなものなのか……となると自信がない人もいるのでは。そこで本題に入る前に、簡単におさらいしておきましょう。

 

bps(ビーピーエス/bits per second)とは1秒間に転送できるデータ量を示したもので、例えば「100bps」であれば1秒あたり100bit(ビット)のデータを扱えることを意味します。

Bitとは、デジタルデータの大きさを表す最小単位のことです。

理論上はbpsの前に表記されている数値が大きいほどインターネット回線の速度が速くなると考えておいて間違いはありません。

 

では1Gbpsの「G」は何を表しているかというと、こちらは単位表記を指すもので、

・1kbps(キロbps):1,000bps
・1Mbps(メガbps):1,000kbps(100万bps)
・1Gbps:1,000Mbps

となります。スマホの通信速度をチェックする際に見かけたことがある人も多いでしょう。

つまり1Gbpsは「1秒間に1Gbitのデータ量を送受信できる速度」を意味しており、1bpsの10億倍のデータ量を転送できることになります。

◆1Gbpsの速度イメージを具体例で検証

続いては1Gbpsの速度について、日頃のネット利用で必要となる速度を計測などから算出し、目安をまとめてみました。

1gbps_02

上記の数値はあくまでも目安。利用環境や電波状況、時間帯に応じて数値は変わりますし、上り(アップロード/データ送信)と下り(ダウンロード/データ受信)でも、快適に感じられる速度は異なります。

例えば、Yahoo!トップページ(パソコン版)をWebページの読み込み速度の計測サイトなどで調べると、ある日のページサイズ1MBに対し、読み込み完了は983ms(ミリ秒)という結果に(※およそ100Mbpsの通信速度で調査)。

快適なインターネットの回線速度の目安とは|光回線の1Gbpsってどれくらいの速さ?

 

ミリ秒は1000分の1秒なので983ms≒0.9秒は“あっという間”で、ページを開くのと“ほぼ同時”に内容を閲覧できます。1Gbpsなら0.005秒ほどで表示される計算となり、体感を得にくいかもしれませんが、まさに“光速”と表現できるでしょう。

またストレージなどで、画像をはじめ大容量のデータをやり取りするという人も多いかと思いますが、1Gbpsの通信速度であれば1GBなら8.6秒、5GBでも42.9秒で完了します。

 

ただし1Gbpsはあくまでも「最大」の数値

1Gbpsに限らず、インターネット通信では残念ながら常時MAX速度を利用できるわけではありません。これは「ベストエフォート」と呼ばれ、回線事業者が提示する最大限のスピードを表します。

あくまで最大限の努力目標=ベストエフォートですから、実際の速度は接続する環境により前後します。隣の家でも速度が大きく変わるケースもあるため、なるべく高速・高品質な回線事業者と契約し、速度低下を防ぐことが重要なポイントと言えるでしょう。

◆IPv6対応の光回線「@nifty光」なら高速通信の期待大

そこで注目して見てほしいのが、「IPv6接続」(IPoE方式)を提供している「@nifty光」。

その特徴は、大きく分けて以下の4ポイントあります。

1:高品質)NTT東日本/NTT西日本の最大1Gbps光回線を使用
接続回線とプロバイダーがセットになっているため、契約も簡単です。

 

2:高速通信)IPv6接続(IPoE方式)に対応
IPv4とIPv6の接続方式を同時に利用可能なので、従来のPPPoE方式接続のWebページも高速で読み込めます。地域差や時間帯による影響も受けにくく、いつでもどこでも快適なインターネット接続が利用可能に。

 

3:お得)毎月のスマホ代が割引される特典も
auスマートバリュー」など、契約しているスマホの月額利用料が割引になる特典も。しかも家族全員が対象です。

 

4:広エリア)NTT東日本/NTT西日本が提供するフレッツ光回線エリアを利用
サービス提供エリアが日本全国なので、引っ越しなどの移転手続きも簡単&スムーズ。オプションサービスや各種割引も、そのまま継続利用できます。

 

なかでもIPv6は、従来のIPv4とインターネットへの接続方法が違い、同じ回線を利用してもIPv6の方が快適にインターネットを使える環境を実現してくれます。

IPv6の詳細はこちらの記事なども参考にしてみてください。

ネット速度が改善するIPv6とは【接続確認から申込まで解説】

より快適なネット環境を手に入れるべく、一度見直しを検討してみるのもいいかもしれません。

@nifty光の割引特典を今すぐチェック

※2020年5月時点の情報です。

インターネット回線が遅いときにとるべき11の改善策

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり