flets_adsl

フレッツ・ADSLはいつ終了?乗り換えにおすすめの光回線は?

2021/09/14

2023年1月末にNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ・ADSLがサービス終了するのはご存知ですか?

本記事では、フレッツ・ADSLがサービス終了する理由とおすすめの乗り換え先について紹介します。サービス終了前に余裕を持って乗り換え、快適にインターネットを利用しましょう。

2023年にサービス終了するフレッツ・ADSL

2017年にNTT東日本・西日本からフレッツ・ADSLサービスの終了が発表されて以来、他回線への移行が推奨されています。

ここではフレッツ・ADSLが終了する時期と理由、サービス終了後もインターネット利用するための選択肢についてご紹介します。

 

フレッツ・ADSLのサービス終了の時期は?

NTT東日本・西日本が提供している、光回線「フレッツ光」提供エリア内のADSLは、2023年1月31日をもってサービスが終了します。

フレッツ・ADSLのサービス終了に伴い、インターネット回線とともに利用中のIP電話サービスなども利用できなくなります。IP電話を固定電話として利用されている方は注意が必要です。

なお、「フレッツ光」サービス提供外の一部エリアでは、引き続きADSLのサービスを継続するとされています。しかしNTT東日本は95%、西日本でも93%とほぼ全国でフレッツ光が利用できるため、基本的に乗り換え検討が必要になります。

いよいよADSL接続サービス(ソフトバンク回線)9月末終了!乗り換え手続き進んでますか?

フレッツ・ADSLのサービス終了の理由とは

ADSLは当時としては高速通信であったことや、導入コストの低さなどから、2000年代前半に急速に普及し、主流のインターネット回線となりましたが、以下の理由でサービスが終了されることになりました。

設備の老朽化によりメンテナンス・維持が困難

ADSLは電話線(メタル線)を利用しており、設備のメンテナンスに必要な関連部品の生産が停止されています。今後設備の老朽化とともに、保守物品の枯渇が見込まれるため、関連機器の維持が困難であるとされています。

光回線普及による利用者の減少

近年急速に普及している光回線によりADSLユーザーは減少しており、今後さらなる減少が見込まれています。ADSLは月額料金が安く人気でしたが、近頃は光コラボのおかげで以前よりも低価格で光回線が利用できるようになりました。こうしたユーザーの需要の変化に対応するためにも、ADSLを廃止することが決定されています。

 

フレッツ・ADSLが終了した後のインターネット

現在ADSLを利用されている方が乗り換えを検討する場合、主に次の4つの選択肢が候補にあがります。

・光回線
・ケーブルテレビ
・無線タイプの据え置き回線(ホームルーター)
・ポケットWi-Fi

ADSLから乗り換える際には、利用方法やサービスなど自分にあったインターネット回線を選ぶことが重要です。また何年もインターネットを継続利用していて、契約内容がわからなくなっている場合は、この機会に確認してみるのがおすすめです。乗り換えには開通工事が必要になる場合もあるので、乗り換えの比較・検討は早めに行いましょう。

契約しているプロバイダーを確認する方法と回線の乗り換え方法

 

ADSLからの乗り換えには光回線がおすすめ

ADSLからの乗り換え先候補はいくつかありますが、おすすめは光回線です。

光回線はADSL回線よりも回線速度が速く安定しているため、快適なインターネットが利用できます。

光回線の特長について、詳しく確認していきましょう。

 

ADSLの乗り換え先として主流の光回線

現在ADSLに代わる主流のインターネット回線として人気なのが、光回線です。

光回線は光ファイバーを利用したインターネット回線で、ポケットWi-Fiや無線タイプの据え置き回線のような通信制限もないため、テレワークやストリーミングサービスなど、大量のデータを送受信される方に光回線はおすすめです。

また、光電話光テレビといったサービスも利用できるため、家族利用にも適しています。

ADSLで利用していたIP電話と光回線の光電話の違いについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

「光電話」と「IP電話(050)」とは何が違う? 終了が近づくADSLからの移行先はどうすれば?

 

安定した通信が利用できる

光回線をおすすめする理由の一つとして、安定した通信が利用できる点があります。速度制限などを気にせず、オンラインゲームや高画質動画も快適に楽しめます。

ホームルーターやポケットWi-Fiは手軽にインターネットが利用できる一方、無線接続のため通信が不安定になりやすく、サービスによっては通信制限にかかってしまう場合もあります。

光回線は自宅までONUと呼ばれる設備を使って有線接続し、インターネットを利用するため回線速度が速く安定します。

快適な回線速度の目安については、こちらの記事を参考にしてみてください。

光回線の1Gbpsとはどのくらいの速さ?

 

携帯のキャリアに合わせるとスマホ代が割引に

光回線の中には、携帯キャリアと合わせるとスマホ利用料が割り引きされるサービスがあります。例えば@nifty光の場合、auスマホ・ケータイを利用されている方は、料金プランによって一定額が永年割り引きされるauスマートバリューが適用されます。

家族全員が同じ携帯キャリアであれば、家族全員分割り引きされるので、お得に光回線を利用できるでしょう。

 

光回線にするメリット・デメリットとは

光回線を導入する場合、メリットもあればデメリットもあります。

ここでは光回線を導入する際に考えられる、メリット・デメリットについてご紹介します。

光回線のメリット

光回線を利用するメリットは、なんといっても安定した通信が利用できる点ですが、他にもメリットはたくさんあります。光回線を選ぶポイントとしても重要なので、一つずつ確認していきましょう。

安定した通信を月額料金で使い放題

光回線はモバイル回線とは異なり、インターネットを月額料金で使い放題です。速度制限などもなく、高画質動画を視聴していても読み込み遅延が起きづらいでしょう。またIPv6という新しい通信方法に対応している光回線であれば、回線が混雑しやすい夜や休日も安定したインターネットが利用できます。

光コラボでさまざまな特典が受けられる

光コラボとは、プロバイダーがフレッツの光回線を利用して、独自のサービスを提供する仕組みを指します。提供しているプロバイダーによって、スマホの月額料金の割り引きなど独自のサービスがあり、新規回線申し込み時の特典なども異なります。申込特典には、キャッシュバックや開通工事費相当の割り引きなど、お得に光回線を始められるものが多いです。

光コラボレーションとは?乗り換えメリットとおすすめ回線

 

光コラボなら光回線とプロバイダーをまとめて、窓口を一本化できる

光回線を光コラボで契約した場合、契約窓口が一本化されるため手続きや支払いを一本化できます。光コラボであれば通信費の管理や、万一の場合の問い合わせ先に悩む必要がありません。また、光回線とプロバイダーを別々に契約するよりも、月額料金を抑えられる可能性もあります。

 

光回線のデメリット

ADSLを利用していたときよりも快適なインターネットが利用できる一方、光回線は月額料金が高くなるなどデメリットも存在します。光回線の導入を検討する際は、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

 

回線工事が必要

光回線を利用するには、新たにインターネット設備の設置工事が必要になります。開通工事は原則立ち会いが必要なため、面倒に感じる方も多いでしょう。屋内・屋外と2日に分けて工事が行われる場合もあります。基本的に工事は平日となり、休日は割増料金での工事になる可能性が高いです。

ADSLサービス終了間際|光回線への乗り換えのタイミングは?気になる工事も解説

開通までに一定期間が必要

光回線を開通させるには回線工事の関係もあり、申し込みから1カ月程度の期間が必要です。回線工事の調整次第では更に遅くなる可能性もあり、インターネットを利用したい時期よりも早く申し込みをしなければなりません。特にADSLのサービス終了間際には、駆け込み需要で工事調整が難しくなる可能性が高いでしょう。

月額料金が高くなる可能性もある

基本的に光回線は、ADSLよりも月額料金が高いです。月額3,000円(税込み)程度で利用できていたADSLに比べると、光回線は1,000円以上高くなる傾向があります。しかし、光回線を利用する固定電話の料金はADSLよりも安く、スマホとのセット割やキャッシュバックなども利用できます。検討する際は、月額料金だけでなく割り引きや特典内容にも注目してみてください。

乗り換えは早めがおすすめ

フレッツ・ADSLのサービス終了は2023年1月末とまだ先ですが、ギリギリに乗り換えると工事調整が出来ない可能性が高くなります。また、情報収集や契約手続きなど、乗り換え先の検討にも時間がかかります。特に光回線をお得に利用したい場合には、回線速度や特典などを含め事前検討が重要になるでしょう。

光回線を選ぶ上で重要なポイントは以下の3つです。

・回線混雑の起きにくいIPv6が利用できる
・スマホとのセット割引が利用できる
・初期費用や充実した申し込み特典

以上のポイントを踏まえて、おすすめなのが@nifty光です。

@nifty光IPv6に対応しているため通信速度が安定していて、IPv6対応Wi-Fiルーターも最大25カ月間無料でレンタルできる特典もあります。またauスマホの永年割り引きノジマ店頭でお買い物が毎月8%割り引きでできるなど、お得な割引サービスもあります。

ADSLから乗り換え検討される際は、ぜひ@nifty光をチェックしてみてはいかがでしょうか。

▼@nifty光の割引特典を今すぐチェック
hikari_router_bnr_new

※2021年9月時点の情報です。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり