NFCとは|スマホでできることとFeliCaとの違い

nfc

スマホの購入時に「NFC対応」や「NFC搭載」という文字を見かける機会がありますが、このNFCとは何かご存知でしょうか。

本記事ではNFCとは何か、NFCでできることを解説していきます。

NFCとは

NFCとは「Near Field Communication」の略で「近接距離通信」のことです。近接距離通信とは10cmほどの範囲で非接触通信できるもののこと。

この説明では、よくわからないかもしれませんが、スマホや携帯電話をかざすだけでデータ通信が可能になるというものとイメージしてください。

もっと簡単に言うと「タッチしてピッと鳴るやつ」のことです。

例えばSuicaなどのICカードを改札でかざすとお金が自動的に引き落とされる仕組みになっていますが、これに使われている技術がNFCです。

最近ではクレジットカードでの支払いがタッチで決済できてしまうなど、NFCの用途が広がってきています。

NFCでできること

NFCの技術を使うことで何ができるかを見ていきましょう。

現在は主に以下のような利用方法があります。
・キャッシュレス決済ができる
・周辺機器とのペアリングが簡単にできる
・スマホ同士のデータ通信ができる

順番に見ていきましょう。

キャッシュレス決済ができる

NFCを搭載しているスマホではスマホ決済が簡単にできるようになります。

iPhoneではApple PayやモバイルSuicaの連携などができ、支払いをApple Payで簡単に済ませたり、通学・通勤時の改札での支払いがiPhoneをかざすだけで済ませることができるようになります。

Androidの場合にはおサイフケータイが利用できるようになり、決済ができるようになるだけでなく、電子マネーや会員証・ポイントカードなどもスマホ管理できるようになります。

スマホ以外でも前述の通り、クレジットカードにNFCが搭載されることでタッチだけで決済ができるようになるのでキャッシュレス決済の促進には欠かせない技術となっています。

キャッシュレス決済はクレジットカード払いより安心って本当?

 

周辺機器とのペアリングが簡単にできる

NFCが搭載されている機器同士でペアリングをすることができます。

通常Bluetoothなどを使ってペアリングをする場合にはパスワードの設定など接続に手間がかかります。NFCが搭載されていればかざすだけでペアリングすることができます。

例えばスマホをスピーカーにかざすだけで、スマホがスピーカーとペアリングされてスマホの音楽をスピーカーで聴くことができます。

「Bluetooth(ブルートゥース)」とは?-意外と知らないIT用語の基本

 

スマホ同士のデータ通信ができる

NFCを使えばスマホ同士のデータ通信も可能です。

例えば「Android Beam」という機能が利用できるAndroidスマホ同士を近づけることで、画像や連絡先といったデータを簡単にやりとりすることができます。

大きなデータでも送信することができるため、Wi-Fi環境がない場合でも利用が可能なのが良い点です。

便利すぎる「Androidビーム」使ってますか? 連絡先やURLも素早く共有が可能

NFCとFeliCaの違い

かざすだけで通信ができるものと言えばFeliCaがありますが、NFCと何が違うか確認しましょう。NFCはタッチだけで通信ができる通信方式そのものを指します。

一方でFeliCaはソニーが開発したICカード技術で、NFCの規格の中のひとつにあたります。NFCの規格には「Type-A」、「Type-B」、「Type-F」などいくつかあります。

それまでのNFCの通信速度は424kbpsでしたが、FeliCaはおよそ倍となる847kbpsの高速処理ができることから、交通系ICカードを中心に普及しました。

自分のスマホがNFC対応か確認する方法

自分のスマホがNFCに対応しているのかどうかが気になるところです。もちろんスマホがNFCに対応していなければNFC技術を利用することはできません。

NFCが対応しているかどうかはスマホの設定画面から確認することができます。

設定画面からネットワークもしくは接続機器のいずれかにNFCの設定項目があれば、NFCに対応しているスマホであることがわかります。

もしくはスマホのメーカー公式サイトにアクセスすることでNFC対応のスマホか確認することができます。
いずれかの方法でスマホがNFC対応かを確認してみてください。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり