VPN接続とは-意外と知らないIT用語の基本

1184.jpg

テレワークの普及やフリーWi-Fiの利用で、増えてきているVPN接続。VPN接続は安全にインターネット通信を利用するための方法として注目されています。

ここではVPN接続が「どんな仕組み」で「何に使う」機能なのか、詳細に解説していきます。

VPN接続とは

VPNとは「Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)」という言葉の略語です。仮想的に構築したネットワークを、暗号化などの技術で安全な通信回線にして提供する方法です。

よりわかりやすく説明してみましょう。たとえば機密性の高いデータを自社から取引先に送信するとします。この場合、第三者にデータを見られないために、秘密の回線経路となる専用ネットワークがあれば、安全性を確保できます。

インターネット回線は公共の道路のようなもので、普通にデータを送信すると第三者に見られるリスクが伴います。道を利用する場合に例えると、自分の身をさらけ出して徒歩移動しているような状態と言えるでしょう。

一方で自分の身を車に乗せて移動すると、誰かに自身を見られるリスクを軽減できます。VPNはこの車の役割を担っていて、送信するデータを暗号化で包み第三者に見られる危険性を低くしてくれます。

つまり、インターネット回線という道で送受信するデータを盗み見られるリスクを減らす技術がVPNというわけです。インターネット上で機密情報の送受信を行う際、情報漏洩を防ぐためにVPNは用いられます。

VPNの種類4つ

security4

VPNには、以下4つの種類があります。

・インターネットVPN
・エントリーVPN
・IP-VPN
・広域イーサネット


それぞれの特徴を詳しく解説します。

インターネットVPN

インターネットVPNは、従来のインターネット回線があれば利用できるものです。いつも利用しているインターネット回線を暗号化するので、VPN環境を作る費用が抑えられます。

しかし、通信速度は契約しているインターネット回線の品質で変わります。快適にインターネットVPNを利用するためには、クオリティの高いプロバイダーとの契約が必要です。

エントリーVPN

エントリーVPNではインターネットを使用せず、専用の閉域IP網を用いてネットワークを構築します。

エントリーVPNでは安価なブロードバンド回線を利用するので、低コストで安全性の高いネットワークの構築ができます。一方でブロードバンドを利用することはデメリットでもあり、帯域保証がないベストエフォート型のサービスのため、利用する時間帯や通信環境によっては通信速度が遅くなる恐れがあります。

IP-VPN

IP-VPNとは、 通信事業者が提供する閉域IP網を使ってネットワークを構築する通信技術です。IP-VPNでは、ネットワークにアクセスできる人を通信事業者と契約者のみに限定できます。

導入コストは高くなるものの、通信帯域が確保されていているため快適な速度でネット通信を行うことが可能です。

広域イーサネット

広域イーサネットは、離れた場所にあるLANをイーサネットインターフェースで接続できる技術を指します。

メリットはネットワークを構築するうえでの自由度の高さで、ある程度思うように本社と支社の通信網が作れます。しかし、提供する業者によって「通信できる帯域の範囲が狭い」や、「回線の費用が高くなる」などの特徴もあります。

VPN接続のメリット

VPN接続のメリットには以下の3つがあります。

・通信も暗号化できる
・リモートで社内のネットワークにアクセスできる
・仮想ネットワークだからコストが安い


順番に見ていきましょう。

通信を暗号化して安全性を高められる

VPNはネット通信の暗号化、トンネリング機能でセキュアなアクセスを確保する技術なので、どのような通信でもセキュリティの安全性を高められる強みがあります。

公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)を利用する場合でも、通信を暗号化して安全性を確保できるところも魅力です。

リモートで社内のネットワークにアクセスできる

VPNは本社へのリモート接続を可能できる技術でもあり、外からでも職場のネットワークを利用することができます。そのため、自宅にいながら本社のネットワークにアクセスして、仕事を進めることが可能です。

さらにネットワークへはPCだけでなく、モバイルデバイスからもアクセスできるため、とても便利です。新型コロナによってリモートワークの普及が進み、VPNを用いた社内ネットワークへのアクセスの需要が高まっています。

仮想ネットワークだから導入コストが安い

VPNは通信網に構築する仮想ネットワークなので、専用線を導入する必要がなく、低コストで利用できます。VPN対応ルーターの値段も安いものが多く、導入する際の初期費用も節約できるメリットがあります。

テレワーク導入に肝心なパソコンはどうする? SIMカード対応Windows10パソコンが求められる理由

VPN接続のデメリット

VPN接続のメリットがある一方で、デメリットもあります。

主に以下の3つです。

・情報漏洩のリスクがなくなるわけではない
・通信速度が低下する可能性がある
・製品ごとに費用が異なる


順番に見ていきましょう。

情報漏洩のリスクがなくなるわけではない

VPNを使えばネット通信の安全性は高まりますが、情報が漏洩するリスクが完全に消えるわけではありません。

VPNの設定を誤って情報が漏れる可能性もあり、IP漏洩に繋がる恐れがあります。そのため、VPNを導入する際は、慎重に設定を行う必要があります。

テレワークを狙ったVPN不正アクセス被害増加|対策方法とは?

 

通信速度が低下する可能性がある

VPNでは公衆のインターネット回線を利用するので、時間帯によっては回線混雑によって通信速度が低下する可能性があります。

VPNのセキュリティ機能ではルーター側のCPUを使うので、ルーターへの負荷がかかり速度が遅くなるパターンも考えられます。そのため、VPNを利用する際は、通信速度の安定性が高いインターネット回線を使いたいところです。

Wi-Fiが弱くて電波が届かない時の解決法|一軒家でも快適に! 【2021年1月版】

 

製品ごとに費用が異なる

VPN製品の値段は、どのような機能がどれほど搭載されているかで異なります。

多機能だからといって値段が高い製品を選んでも、環境に不釣合いで使うことがなく、無駄になってしまうリスクがあります。そのため、利用する環境に適したVPN製品を選ぶ必要があります。

セキュリティを充実させるならセキュリティソフトの導入も

VPNは通信を暗号化してセキュリティの安全性を確保する技術ですが、情報漏洩のリスクを完全に0にできるわけではありません。そのため、VPNを導入していても、セキュリティはできる限り充実させておきたいところです。

セキュリティを充実させるなら、@niftyの『常時安全セキュリティ24』の利用がおすすめです。

常時安全セキュリティ24は1つのアカウントで、スマホやパソコンといったデバイスを最大7台まで守ることができます。危険なサイトへの接続防止や、ネットバンキングの保護、ウイルススキャンなど、これ1つでトータルなウイルス対策が可能です。

VPNと併用し、インターネット環境を共用している家族のデバイスも保護することで、セキュリティの安全性がさらに高まります。安心してテレワークをするためにも、「常時安全セキュリティ24」で万全の対策をしてみてください。

拡大するテレワークを狙うセキュリティリスク|事例と対策について解説

 

VPNの利用で通信速度が遅いと感じたら

自宅でVPNを使用したテレワークをしているときに速度が遅いと感じたら、IPv6の利用がおすすめです。IPv6は回線の混雑を回避することで速度遅延の解消が期待できる最新の接続方式です。

IPv6を利用していない場合にはIPv6接続に対応したプロバイダーへの乗り換えがおすすめです。おすすめなのが@nifty光で、キャンペーン特典が豊富なため、費用を抑えて乗り換えが可能です。

▼@nifty光の割引特典を今すぐチェック
ipv6

※2021年1月時点の情報です。

フリーWi-Fi(ワイファイ)スポットの危険性と安全に使うためのセキュリティ対策7つ

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり