聖火リレーから混雑状況まで!2020年開催の東京五輪情報が入手できるおすすめサイト4選

2020年は、なんと言っても五輪イヤー。開催までもう少しですが、すでに多くの情報がWeb上にアップされています。そんなあふれんばかりの情報の中で、開催前から開催中に実用性が高いサイトを整理。これさえ見ておけば、あなたも五輪通になれるはず!?

◆大会概要から競技日程・結果まで“東京2020”総合情報サイト

まずは世界的なスポーツの祭典の全体像がわかるサイトからご紹介します。

(1)東京2020大会ガイドブック
東京都が運営する「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」の公式サイト内にあるページで、大会の概要をまとめた各種ガイドブックがPDFファイル形式でアップされています。閲覧&ダウンロードが可能です。

ガイドブックには、

・大会の競技スケジュール
・競技会場の案内

といった本番に役立つ情報はもちろん、

・聖火リレー
・開会式&閉会式
・オリンピックの歴史

などの情報も項目別にまとめられているほか、大会関連事業情報といったような内容もあり、どれもちょっとした読みものとしても楽しめます。

短時間でサクッと閲覧できるので、オリンピックの基本を知るには最適。まずはこのガイドサイトを参照し、さらに何が知りたいかと考えれば、検索もしやすくなるはずです。

(2)東京2020年オリンピック・パラリンピック|NHK NEWS WEB
NHKが開設している、2020年に東京で開催される五輪関連の特設サイトで、大会運営から生活関連情報まで、さまざまな最新ニュースが取り上げられています。幅広い視点から五輪を知ることができるので、眺めているだけでも五輪豆知識が膨大に!?

大会が始まれば、各競技の日程から経過・結果、それにまつわる情報も確認できるように。特集コラム記事や動画も充実していますが、情報量の多さから、ちょっと見るつもりが気づけば数時間……となりがちかも。

◆聖火リレーや道路渋滞&鉄道の混雑情報も専用サイトで一目瞭然

開催までに注目なのが聖火リレー。ということで、聖火リレー関連の情報が集められるサイトも見てみましょう。

(3)オリンピック聖火リレールート情報
大会開催前の花形でもある、聖火リレー情報に特化したページ。「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」公式サイト内に特設されています。

同サイトの「聖火リレールート情報」ページを開くと日本地図が表示され、聖火が“今どこを”走っているのかが一目瞭然。2020年3月12日にギリシャをスタートした聖火は、3月20日に宮城県の航空自衛隊松島基地へ到着。3月26日の福島県を皮切りに、全国47都道府県を巡る聖火リレーがスタートします。

この日程、都道府県ごとの詳細ルートマップ、市町村ごとの出発地~到着地スケジュール詳細、さらには沿道の見どころスポットまでがまとめられているので、「聖火リレーを見たい!」「旅行と聖火リレーを組み合わせたい」という方なら、必見でしょう。

(4)大会輸送影響度マップ
期間中の実用的、かつ日常生活への影響をチェックしたいという人はこちらへ。「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」公式サイトに設置された、大会期間中の道路渋滞や交通規制、鉄道など公共交通機関の混雑情報をまとめたページです。

こちらでは道路や鉄道を中心に、渋滞・混雑予測・規制情報が東京中心部のマップに落とし込まれています。このマップを見れば、日付や時間(1時間単位)ごとに、都内のどこがどう混雑し、渋滞しそうなのかが一目でわかる仕組み。

また、「オリンピック・ルート・ネットワーク」表示も役立ちそうです。「オリンピック・ルート・ネットワーク」とは、「選手等の大会関係者を輸送する関係者輸送ルート」のこと。

主に選手村と競技会場などを結ぶ経路なので、イコール、開催期間中の混雑路だともいえるでしょう。車移動ではここを避けて……といった使い方もできるわけで、ご参考までに。

ちなみに、電車内の中吊りなどで見かけた人もいるかもしれませんが、こちらのページでは、大会期間中の東京圏の鉄道延長運行についても解説されています。

7月24日の祭典幕開けに向けて盛り上がるべく、今からいろいろと情報収集してみてはいかがでしょうか。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり