IPv6パススルー(ブリッジ)とは? どういうときに使うもの?

ipv6-bridge

インターネット速度の改善方法の一つとして、最近では「IPv6」の利用を検討している人が増えてきているようです。

快適にネットを使えることで注目を集めていますが、「v6プラス」や「IPv6パススルー」「IPv6ブリッジ」などの専門用語がよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

IPv6に関してはネット速度が改善するIPv6とは【接続確認から申込まで解説】で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

今回はIPv6に関連するIPv6パススルーに関して解説していきます。

◆IPv6パススルー(IPv6ブリッジ)とは

IPv6&IPoEの組み合わせで利用する際、「IPv6パススルー(IPv6ブリッジ)に対応している必要があります」などと記載されている場合があります。

IPv6パススルー機能とはルーターが持つ機能の一つで、回線から受け取ったデータを直接パソコンなどのデバイスに素通りで送信する機能のことです。

カッコ書きしていることからもわかるとおり、IPv6ブリッジ機能とも呼ばれます。

ポイントは「素通り」です。

IPv6での通信を可能にするため、IPv4用の機能を動作させないことを意味します。

◆IPv6パススルーを許可するとセキュリティが低下!?

こうして見てくるとIPv6パススルー機能は必要だと感じてきます。

さらにIPv6サービスの中には「IPv6パススルー機能があればIPoEでの通信を可能にする」という記載があるため、必須だと思うかもしれません。

ただし、IPv6パススルー機能を有効にすると、場合によってはセキュリティリスクが発生してしまうおそれもあります。

というのも、IPv6パススルー利用時はデータを素通りさせるため、自分が使っているインターネット環境や端末が世界中のネットワークと直結し筒抜け状態となるのです。

これは、従来の接続方式に比べて情報漏えいが起きやすい状況と言えます。

そのためIPv6パススルー機能を利用する場合、セキュリティ対策ソフトは欠かせません。

特に少し古いルーターでは、「IPv6対応」となっていてもパススルー機能しかないモデルもあるので注意が必要です。

最近では、「NDプロキシ」や「SPI(ステートフル・パケット・インスペクション)」と呼ばれるセキュリティ対策のための機能が備わったIPv6対応ルーターも登場しています。

そのあたりもチェックして導入を検討したいところです。

関連記事:【2020年版】最低限ここまではやっておきたい! パソコン&スマホのセキュリティ対策

◆ひかりTVやフレッツサービスが利用できなければIPv6パススルーを使用

SNSなど通常のWebページ閲覧の際には特に意識する必要のないIPv6パススルーですが、NTTが提供する「ひかりTV」や、IPv6を利用した各種サービスを利用する際などには必要となります。

特にひかりTVはIPv6パススルー機能を有効にした状態での視聴を推奨しています。

機能を有効にせずIPv6環境下で視聴すると、映像の乱れる頻度が高くなってしまう傾向が見られます。

ひかりTVに加入している人や検討している人でIPv6を使うのであれば、最新モデルのルーターを使うなどセキュリティ面の対策を施した上で、IPv6パススルー機能を活用しましょう。

◆IPv6パススルーの設定方法

IPv6パススルーを有効にする手順はメーカーやルーターごとに異なりますが、基本的には次のような流れで設定できます。

(1)パソコン、スマホ、タブレットなどでブラウザからルーターの設定ツールを起動しログイン

ipv6-bridge01


(2)「詳細設定」
ipv6-bridge02
「Internet」→「IPv6」
ipv6-bridge03
(3)メニューから「IPv6ブリッジ(またはパススルー)を許可する」にチェックを入れ「設定」をクリック
ipv6-bridge04
いずれの機種にしろ、最終的に「設定」や「適用」ボタンを忘れずにクリックして、変更内容を保存しましょう。

◆IPv6対応の光回線なら「@nifty光」がおすすめ

ここまでIPv6パススルーについてご説明してきましたが、実際にIPv6を使いたい場合はIPv6対応プロバイダーでオプションとして申し込み、あとはIPv6対応ルーターを用意すればOKです。

IPv6サービスは、プロバイダーのオプションとして提供されているパターンがほとんどで、有料か無料かは各事業者で異なります。

どうせなら無料で快適に使いたいという人には、@nifty光がおすすめ!

光回線の導入を検討している人はもちろん、すでに光回線ユーザーも光コラボでの乗り換えにより、@nifty光なら簡単&オプション料金不要でIPv6を使い始められます。

しかも「今使っているルーターでIPv6が使えるかわからない」という人も、@nifty光では、IPv6対応ルーターを25ヵ月無料でレンタルすることが可能。

IPv6を申し込みや設定方法については、別記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。
≫IPv6の申し込み方法を確認する

なんだかネットの速度が遅い、IPv6を無料で使いたいなど、快適にインターネットを利用したい人はニフティのIPv6サービスを要チェック。

契約コースの月額だけでネットが快適になるので、是非お試しを!

▼@nifty光の割引特典を今すぐチェック
ipv6
※2020年7月時点の情報です。
※操作手順内の表現はOSや機種、アプリのバージョンにより異なる場合あり。

人気記事 快適なインターネットの回線速度の目安とは|光回線の1Gbpsってどれくらいの速さ?

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり