初心者でも分かる!無料でIPv6を申し込む方法と初期設定を解説

インターネット回線を快適にしたする方法を突き詰めていくと「IPv6」にたどり着きます。

IPv6はネット回線の速度改善が期待できる新しい通信方式ですが、まだまだ定着していないこともあり、どうすれば利用できるのかわからないという人も多いはず。

今回はニフティが提供するIPv6を利用するための申し込み方法と初期設定について解説していきます。

IPv6の詳しい内容についてはネット速度が改善するIPv6とは【接続確認から申込まで解説】でまとめているので参考にしてみてください。

IPv6の利用には申し込みが必要

現在はIPv4が主流であるため、IPv6を利用するには、あらかじめサービス事業者に申し込みを行う必要があります。

IPv6の申し込み方法を確認していきましょう。

無料でIPv6を申し込む方法

申し込み自体は、IPv6に対応しているプロバイダーの専用のページまたは利用中のプロバイダーのマイページ・会員ページから申し込むだけです。

【新規にIPv6対応のプロバイダーサービスに申し込む場合】
申し込み→開通工事→利用環境の確認→利用開始メール→利用開始

【利用中の回線でIPv6に申し込む場合】
ホームゲートウェイのレンタル申し込み→IPv6申し込み→利用環境の確認→利用開始メール→利用開始

基本的にはいずれかの流れで申し込むことになりますが、IPv6を利用するにはプロバイダーなどからレンタルできる「ホームゲートウェイ」と呼ばれる端末か、IPv6対応ルーターが必要となります。

ちなみに、フレッツ光でひかり電話を利用している人が光コラボでニフティなどに転用していた場合、手元にあるホームゲートウェイはIPv6に対応しています。

ニフティでIPv6に申し込むには、

(1)ホームゲートウェイを利用→「v6プラス」から申し込み
(2)v6プラス対応ルーターを利用→「IPv6接続オプション」から申し込み
(3)v6プラス未対応ルーターを利用→「IPv6接続オプション」から申し込み

という3つの選択肢があります。(2)は対応ルーターなのにIPv6接続オプションとなっていて心配になるかもしれませんが、後ほど説明するルーターの設定により、v6プラスが利用できるので安心してください。

ニフティではv6プラスに対応した無線ルーターを最大25か月間無料でレンタルできるようになっています。

IPv6の申し込みも無料なので、ニフティを利用すればIPv6を無料で利用することができます。

IPv6の初期設定

申し込み方法はわかったけど設定が面倒なのでは?と心配になる方もいるかもしれませんが、IPv6対応のホームゲートウェイでは、IPv6が開通すると自動的に切り替わるので何も心配はいりません。

市販のIPv6対応ルーターを使う方法では、各メーカーで呼び名や入り方は多少違いますが、基本的には続設定の画面で「詳細設定」などのメニューからIPv6と記された接続方式を選ぶだけと、簡単に設定できます。

詳細な手順は各ルーターのマニュアルを参照してほしいのですが、基本的な流れをご紹介します。

(1)ブラウザでルーターの管理画面にログイン→「詳細設定」をクリック


(2)左側のメニューから「Internet」を選び、開通した方式に応じて「v6プラス」または「IPv6接続オプション」のいずれかを選び「設定」ボタンをクリック


メーカーによってはルーター背面にスイッチがありますが、その場合「MANUAL」と「ROUTER」に合わせてください。


なお、利用環境確認の時点でv6プラスに該当しなかった場合、IPv6接続オプションでの開通となるケースがあります。

また、IPv6サービス申し込み後に対応ルーターに替えたという人も、上記の手順で「v6プラスを使用する」に設定変更すれば、方式が切り替わります。

(2)で「設定」ボタンをクリックすると次のような画面に切り替わり、「接続成功」と表示されれば、無事IPv6への切り替えは完了です。

 

申し込み完了後の確認

IPv6の申し込み完了後にIPv6で接続できているかを確認しておきましょう。

確認方法は簡単です。

せっかくIPv6を申し込みしたにもかかわらず、IPv4で接続し続けていたということにならないよう、合わせてチェックしておくようにしましょう。

IPv6接続ができているか確認する方法

IPv6接続は、IPv6の利用状況を確認するサイトで簡単に確認することができます。

≫IPv6の接続状況を確認する

こちらのサイトに入れば自動的に接続方式の確認が始まります。

IPv6接続ができていれると表示されれば問題ありません。
IPv4接続だと表示されればIPv6での接続はできておらず、IPv6サイトの閲覧ができないことになります。

 

IPv6接続には時間がかかる

前提としてIPv6の接続は申し込みしてから開始までに多少の時間がかかるということを理解しておきましょう。

IPv6を使ったIPoE接続が開始されるまでの間は従来通りのPPPoE接続での通信となるため、速度改善は見込めません。

いつまで待ってもIPoE接続に切り替わらない場合はサービス提供元のプロバイダーへ問い合わせるようにしましょう。

IPv6は速度改善できるが対応プロバイダーが限られる

インターネット回線の速度改善に大いに役立ってくれるIPv6ですが、サービスとして展開しているプロバイダーはまだまだ限られています。

そんな中、IPv6に対応したプロバイダーのひとつがニフティです

前述したとおり、契約コースの月額料金のみでIPv6サービスを無料で使えます。

現在の通信速度に不満がある、IPv6を有料で使っている、ホームゲートウェイを持っていて光コラボを検討中など、とにかく快適にインターネットを利用したいのであれば、ニフティのIPv6サービスに注目してみてください。

速度改善系のサービスは、まさに“百聞は一見にしかず”です。

導入しようか悩んでいる方は、IPv6サービスの利用自体には料金が発生しませんので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

▼@nifty光の割引特典を今すぐチェック

 
 

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり