Windows7のサポートがついに終了!そのまま使い続けるリスクとは?

Windows7のサポートがついに2020年1月14日に終了しました。ニュースなどでも頻繁にアナウンスされていたので、当然認識済の人もいれば、中には初耳の人もいるかもしれません…。もし知らなかったという人は、サポートの終了が及ぼす影響について今一度認識し、早めに対策をご検討ください。

◆Windows10への移行進むが、まだまだ1/4のシェアで使われているWindows7

Net Applicationsから発表された2019年12月のデスクトップOSのシェアによると、Windows 7はサポートの終了が予定されているにも関わらず、26.64%というシェアがあり、デスクトップ向けOSの4分の1がWindows 7を利用しているという状況でした。

そもそもOSのサポート内容には、

1.仕様変更や新機能のリクエスト
2.セキュリティ更新プログラムの提供
3.セキュリティ関連以外の修正・プログラム作成の新規リクエスト
4.無償サポート
5.有償サポート

といった項目が用意されていますが、今回のサポート終了とともに、上記全ての対応がなくなり、万が一、Windows 7に脆弱性が発見されても公表されず、セキュリティ更新プログラムも提供されなくなります。

◆サポートが切れるとどうなる?そのまま使い続けるリスクとは?

過去のOSサポート終了時と同じように、サポートが終了したからといって、今まで通りにPCは使用できるため、すぐに大きな変化は感じないかもしれませんが、セキュリティサポートが終了したWindows 7は、

・個人情報が漏えいする
・ウイルスが侵入する
・機器やソフトが利用できなくなる
・踏み台にされて別サーバ攻撃
・データ破壊

など、サイバー攻撃の対象として使われる危険性が高くなると考えられます。

サポートがない状態でパソコンをインターネットに接続すると、ウイルスなどのマルウェアにいつ感染してもおかしくありません。最近では手口が巧妙になっているため、サイトを閲覧していただけで気が付かないうちに感染していた…なんてことも考えられます。

◆Windows10へのアップグレードの準備を進め、セキュリティソフトの対策を

第一の対策として、まずは早期にサポートが提供されているWindows 10などのOSへ移行することが望まれますが、Windows 10への移行に際しては、事前に解決しておかなければならない点があります。

まずハードウェアのスペック。これまでWindows 7を使っていた機種ではWindows 10に対応しておらず、ドライバーなどのソフトウェアが提供されていない場合、OSのバージョンアップは行えず、PCの買い替えを検討する必要が出てきてしまいます。

また、OSのアップデートと平行して、ぜひ検討してほしいのが、セキュリティソフト

ネット詐欺の被害に遭った人の87%がセキュリティソフトを使っているという調査結果があることをご存知ですか?

最近のネット詐欺は巧妙化してきており、フィッシング詐欺サイトの8割以上が24時間以内に消滅するという報告もあります。

ウイルス対策のセキュリティソフトだけでは防げないネット詐欺を、AIによる機械学習で解析・検知を自動化させ、スピーディーに最新の詐欺サイトへの対応を可能にする「@nifty詐欺ウォール」の活用をぜひこの機会にご検討ください。

⇒詳しくはこちらの記事をご確認ください
検知率97%!(※) ネット詐欺の未知の脅威から守る「詐欺ウォール」のすごさとは?

@nifty詐欺ウォールサービスの詳細はこちら

※2020年1月時点の情報です。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+