【iPhone/iPad】iOS13の「スマート全角スペース」を使いなれた半角スペースに戻す方法

iOS13から日本語入力画面で「空白」をタップすることで、全角スペースが使えるようになりましたが、SNSでは賛否両論の意見が飛び交っているようです。ここでは、「スマート全角スペース」のメリット・デメリットを考えつつ、半角スペースと切り替える方法を紹介していきます。

◆賛否両論あるiOS13の全角スペース

パソコンを使っている人にとっては、スペースキーを押したら全角スペースとなるのは当たり前ですが、これまでiPhoneなどでは「日本語かな」キーボードで空白(スペース)キーをタップすると、半角スペースが入力されていました。

使い方によっては不便を感じていた、この半角スペース問題ですが、iOS13へのアップデートにより、ついに解消。それが「スマート全角スペース」で、入力モードに応じて最適なスペースを入力してくれます。

どういうことかというと、

・日本語で入力している場合:空白(スペース)キータップで「全角スペース」を表示
・英数字で入力している場合:空白(スペース)キータップで「半角スペース」を表示

と自動で判別し、入力してくれる機能なのです。

段落を変える際などに、文頭が半角スペースでは・・・・・・といった悩みを解決してくれるのですが、なぜか賛否が分かれています。どうしてなのでしょうか。

賛成・反対、それぞれの意見を見てみましょう。

【賛成派】
・パソコン(PC)宛のメールが整形しやすくなった
・Webの登録フォームなどで全角スペースを入力しやすくなった
・企画書などの書類作成や原稿執筆が楽になった
・ブログ書きがはかどる!

【反対派】
・Instagram(インスタグラム/インスタ)やTwitter、LINEなどのSNSで使うと間延びする
・半角スペースになれているせいか、全角スペースには違和感を覚える
・半角スペースと区別がつきにくい全角スペースはプログラマー泣かせ

◆全角スペース/半角スペースの切り替え方法

全角スペースが使えるようになったのはいいけれど、使いたいときに半角スペースが出てこなくて、イラっとしている人もいるのでは?

でも心配はいりません。全角スペース/半角スペースの切り替えはいつでも可能です。

・全角スペースを出すには、日本語かなキーボードで「空白」をタップ
・半角スペースを出すには、アルファベット入力モードで「空白」をタップ

日本語をタイプしながら半角スペースを使おうと思うと、iOS13以前と比べて1、2工程手間が増えてしまいますが、許容範囲という人はこちらで対応してみてください。

◆iPhoneの日本語キーボードから全角スペースを封印する方法

「時短主義だから切り替えは面倒」という人や、「全角スペースを見ると発狂しそうになる」というプログラマーの人は、全角スペースを使わない設定をしておくとよいでしょう。

基本的にスマート全角スペースは、iOS13にアップデートすると自動でONになりますが、以下の手順で半角スペースのみを使う設定に変更できます。

・「設定」アプリを起動→「一般」→「キーボード」→「スマート全角スペース」をオフにする

設定を変更して全角スペースを封印したとしても戻すことは可能。わずらわしいと感じた人は試してみてください。

※記事内容は2019年11月現在の情報を基に作成。
※操作手順内の表現はOSや機種、アプリのバージョンにより異なる場合あり。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+