【保存版】防災アプリ&サイトおすすめ5選 ニュースから河川情報までスマホで対策

頻発する大地震に、度重なる豪雨災害や大型台風。今や世界有数の自然災害国とも言われる日本では、防災対策が不可欠です。そんなときに役立つのが、スマホによる防災アプリの活用。肌身離さず持ち歩くスマホならではの防災対策を考え、突然やってくる“万が一”に備えましょう。

◆1:定番の総合防災アプリ「NHKニュース・防災」

防災対策では、災害情報をいち早くキャッチし、かつ総合的な目線で状況を判断することが重要です。そこで、もっとも身近な情報ツール、スマホの有効活用を考えましょう。

まずは、総合防災ニュース系アプリの定番「NHKニュース・防災」

NHK(テレビ)災害報道のアプリ版ともいえる位置づけですが、各地方局のローカル情報が数多く盛り込まれ、総合的な情報量では他メディアを圧倒する一面もあります。

全国各地にネットワークを持つNHKならではの強みが存分に生かされたアプリ、とも言えそうです。

動画やライブ映像も豊富で、数値だけでは見えづらい災害状況が、ひと目でわかることもポイント。被災の現状を確認し、“自分が何をすべきなのか”を、多角的な視野で判断させてくれるアプリでしょう。

各種警報や注意報、避難情報などは、GPS連動・現在地+指定地域の3カ所でチェック可能。後述の「Yahoo!防災速報」と併用すれば、重要な災害情報を見逃すことはないはずです。

◆2:必要な災害情報を速やかに通知してくれる「Yahoo!防災速報」

「Yahoo!防災速報」は、“防災速報”の名称通り、地震、津波、豪雨、土砂災害などの情報をプッシュ通知で伝えてくれるアプリ。公の機関や自治体が発する注意報・警報を、速やかに把握できます。

同時に、地震発生後の津波予測、ゲリラ豪雨が迫る注意喚起などを、事前準備の観点から幅広く伝えてくれるアプリでもあります。

例えば「豪雨予報」なら、通知条件を「20mm/h以上」「30mm/h以上」「50mm/h以上」「80mm/h以上」の雨量予測で設定可能。「*時*分頃に*mm/hの豪雨」などと知らせてくれ、突然のゲリラ豪雨に備えられます。

地震は「震度3以上」「震度4以上」「震度5弱以上」を、“揺れる前”(緊急地震速報)と“揺れた後”(地震情報)で個別に設定できます。必要に応じて多様な情報通知が可能な点は、本アプリらしい使い勝手の良さでしょう。

通知の音量、マナーモードや時間帯によって通知音を鳴らすかどうか、情報エリアが“全国”か“指定地域だけ”かなども、災害の種類や条件ごとに細かく設定が可能。情報エリアは、現在地(GPS連動)+指定した3地域(自治体単位)の計4カ所を登録できます。

通知内容は

・避難情報
・地震
・津波予報
・大雨危険度
・豪雨予報
・土砂災害
・河川洪水
・気象警報
・熱中症情報
・火山情報
・国民保護情報
・防犯情報
・自治体からの緊急情報

など多岐にわたり、ほぼすべての災害情報を網羅。聞き慣れない「国民保護情報」は「外部からの武力攻撃や大規模なテロ」のことで、北朝鮮のミサイル発射も通知してくれます。

◆3:避難情報に特化したアプリ「防災情報 全国避難所ガイド」

災害情報の確認後は、必要に応じて避難を考えなければなりません。避難情報に特化したアプリ「防災情報 全国避難所ガイド」も、インストールしておいて損はないでしょう。

同アプリでは、GPSと連動した現在地周辺の避難所をマップ上に表示。土地勘がない出先で災害に遭遇しても、最寄りの避難所がすぐにわかります。避難所までの距離や、避難所の画像などが確認できるので、不慣れな場所でも迷うことはないはず。

大規模公園などの避難場所や、高台に設置された津波避難施設、浸水想定区域や土砂災害警戒区域を示したハザードマップも表示され、避難ルートの確認に役立ちます。

また、現在地の受信後、オフライン状態で表示を続けてくれる点も防災アプリならでは。

安否情報の登録・確認機能も実装されているため、家族や友人との相互利用で、さらに活用の幅が広がりそうです。

◆4:被災時の安否確認に役立つ「goo防災アプリ」

安否確認を目的としたシンプルな防災アプリもあります。メール、SNS、「J-anpi」と3種類の安否確認を利用できる「goo防災アプリ」は、通信状況が良くない環境での安否確認に役立ちます。

独自機能のメールは、「**(名前)は無事です」「**にいます」「**へ向かいます」といった安否確認・集合場所などの連絡を、定型フォーマットのチェックだけで送信可能。文章入力の手間が不要なため、被災時でも素早くメールを送ることができます。

集合場所の「**」は、現在地(地図も自動挿入)、自宅、学校・会社、その他の場所から選択。現在地以外の場所は、事前に登録しておけばOK。

また、自治体や通信キャリア各社、報道機関の災害伝言板情報を一括検索・登録できる、「J-anpi」にも対応。オフラインで避難所を表示してくれる防災マップ機能など、被災時の利用に特化したアプリとなっています。

◆5:豪雨による河川の氾濫は「川の防災情報」でチェック

豪雨災害は頻発する近年は、“川の情報”に関する重要性も増しています。

そこで覚えておきたいサイトが、国土交通省による「川の防災情報」。アプリではありませんが、スマホ用サイトも用意されているのでブックマークしておきましょう。

同サイトをチェックすれば、水位や雨量、各観測所の水位変化から警報や予知まで、河川の情報はすべてわかるといっても過言ではありません。

もっとも気になる河川の水位は数値だけでなく、

・「氾濫危険水位」(赤色)
・「避難判断水位」(橙色)
・「氾濫注意水位」(黄色)
・「水防団待機水位」(緑色)

の4段階で表示してくれます。色別表示なので、危険度は一目瞭然です。

「避難判断水位」(橙色)なら避難準備、「氾濫危険水位」(赤色)なら即座に避難を。「氾濫注意水位」(黄色)に達したら、前述した他アプリで避難所や避難ルート、ハザードマップの確認などをお忘れなく!

なお、ドコモやau、ソフトバンクでは、緊急地震速報、防災情報、Jアラートといった情報が配信されますが、格安スマホは対応していないため受信できません。

ただ、格安スマホが災害対策に弱い……というのは過去の話。今回紹介したアプリやサイトは、いずれも格安スマホでも利用が可能ですので、活用することで災害対策を行えます。これは大きなポイントですね。

※記事内容は2019年12月現在の情報を基に作成。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+