【初心者向け】オンラインゲーム環境の作り方

game_preparation2

近年、盛り上がりを見せてきているeスポーツ。プロまではいかなくてもこれからオンラインゲームを始めてみたいという人も多いのではないでしょうか?

これからオンラインゲームを始めてみたいという人向けに必要な準備をご紹介します。

「eスポーツ」とは?-意外と知らないIT用語の基本

最低限必要なのはパソコンとネット環境だけ

internet-environment

オンラインゲームはパソコンとネット環境さえあれば誰でもプレイできます。

とにかく楽しめればOKという人は、とりあえず今のパソコン環境でオンラインゲームをやってみましょう。

今のパソコン環境でオンラインゲームをすると快適ではないと感じる人、本格的にプレイしたい人はゲーミングデバイスを準備したいところです。

ゲーミングデバイスは必ずしも必要ではない

オンラインゲームをプレイする準備をするときは、ゲーミングデバイスが必要と思わされます。

しかし、ゲーミングデバイスは必ずあるべきというわけではなく、ある程度のプレイならお手持ちのパソコンでもできる可能性があります。

MacOSの場合は注意

オンラインゲームはWindowsのみ対応のものが多いため、お手持ちのパソコンがMacOSという場合には注意が必要です。

もちろんMacOSでできるゲームもありますが、数が少ないためWindowsがおすすめです。

本格的にオンラインゲームをするなら揃えておきたいもの

ある程度のプレイはお手持ちのパソコンでできるものの、本格的にFPSやTPSといったオンラインゲームをやりたいのであれば、見あったスペックのあるデバイスを揃えましょう。

ここからは本格的にオンラインゲームをするなら揃えておきたいものをご紹介していきます。

パソコン


pc-environment

本格的にオンラインゲームをするためには、相応のスペックがあるパソコンの準備が必要です。

オンラインゲームをするためにチェックするべきスペックは以下の3つです。

・CPU
・メモリ
・ストレージ


オンラインゲームをするために必要なスペックの目安をまとめました。

 

パーツ 必要スペック
CPU Intel Core i5以上
メモリ 8GB以上
ストレージ 256GB以上(SSD推奨)

表に記されているのはあくまで最低限必要なスペックで、グラフィックの綺麗なゲームであるほどより高いスペックが求められます。

ゲームのタイトルごとに推奨されているスペックは異なります。

そのため、プレイしたいタイトルの公式サイトに記載されている推奨環境を見て、必要なスペックがあるパソコンを準備しましょう。

マウス


mouse

PUBGやAPEXといったFPSやTPSをするのであれば、ゲーミングマウスも準備しておきたいところです。

普通のマウスでもFPSやTPSはプレイできますが、スナイパーモードへの咄嗟の切り替えができないのでゲームに向いていません。

ゲーミングマウスには咄嗟にスナイパーモードへの切り替えができる製品があります。

さらに従来のマスクより読み取り精度が優れていて、きめ細やかな動きを正確に行えます。

マウスパッド

ゲーミングマウスの読み取り精度を引き出すには、マウスパッドの性能も求められます。

マウスの性能を活かすには、限りなく平らなマウスパッドが必須です。

ゲーミング要のマウスパッドは極限に平行なので、ゲーミングマウスできめ細やかな動きの正確性を向上できます。

キーボード


keyboard

ゲーミングキーボードも本格的にオンラインゲームをするなら準備をしておきたいアイテムです。

従来のキーボードとの違いはいくつもありますが、注目するべきポイントは以下の3点です。

・操作性
・キーの重さ
・耐久性


ゲーミングキーボードにはNキーロールオーバーやアンチゴーストなどの機能があり、ゲームプレイに特化しています。

キーの重さもゲーム向けに設計されていて、ボタンを押してからの返しがとても早く、より無駄のない動きを可能にしてくれます。

耐久性も抜群で、思わず強く連打しても壊れる心配がありません。

ヘッドセット


headset

オンラインゲームでの勝利にこだわりたいのであれば、ゲーミング用のヘッドセットも併せて準備しましょう。

ゲーミングヘッドセットはゲーム内での敵の接近に気づきやすい仕様になっているので、数多くのプレイヤーから愛用されています。

音はFPSだけでなく格闘ゲームでも重要となるので、本格的にプレイするならヘッドセットは準備しておきたいところです。

ネット環境を改善するポイント

オンラインゲームを快適にプレイするためには、通信速度の速さと安定性も求めたいところです。

いざオンラインゲームをプレイして通信速度に不満を感じたら、以下の2つを見直してネット環境を改善してみましょう。

・ルーター
・スイッチングハブ
・LANケーブル


最大通信速度が1Gbpsの光回線を利用していても、上記の周辺機器の性能が不足していると速度が安定しません。

ルーター


router

ネット回線の通信速度が遅いときは、ルーターのスペックが十分なものなのか確認してみてください。

オンラインゲームをするのなら、以下の2つを満たしているルーターを使うのが望ましいです。

・LANケーブルがGiga対応か
・Wi-Fi接続でプレイするなら802.11ac対応か


ルーターの性能は機種ごとに異なり、これが通信速度を変えるポイントになります。

有線でネットに接続している場合、LANポートがGiga対応であってほしいところです。

LANポートがGiga対応だと最大通信速度が1Gbpsの状態を保てますが、Giga非対応だと、光回線を利用していても最大通信速度が100Mbpsに落ちてしまいます。

Wi-Fiで接続しているのであれば、ルーターが802.11acに対応しているのか確認してください。

802.11ac対応であれば、Wi-Fi接続での最大通信速度が866Mbps以上になりますが、802.11ac非対応だと最大通信速度が400Mbpsを下回ります。

ルーターが以上の条件を満たしていなければ、スペックの高いルーターへの乗り換えを検討しましょう。

Wi-Fiルーターでネットが変わる? 6つの選び方ポイントと体感速度を実際に検証!

 

スイッチングハブ


switching-hub

スイッチングハブを利用しているのであれば、その機器の性能もチェックしてみましょう。

ルーターと同様にスイッチングハブのLANポートがどの規格なのかで最大通信速度が変わります。

LANポートの規格は以下の4つあります。

LANポートの規格 最大通信速度
10GBASE-T 10Gbps
1000BASE-T 1Gbps
100BASE-TX 100Mbps
10BASE-T 10Mbps

光回線を使ってオンラインゲームをするなら、1000BASE-T対応のスイッチングハブを使いたいところです。

利用しているスイッチングハブが1000BASE-Tに非対応であれば、対応モデルへの買い換えを検討してみましょう。

ゲーミング用スイッチングハブを使うのも対策の一つです。

ゲーミング用のスイッチングハブはゲームの通信処理を優先します。そのため、同時に複数のデバイスをネットに接続しても動作が安定します。

「メッシュWi-Fi」とは-意外と知らないIT用語の基本

 

LANケーブル


lan-cable-choose

ルーターとパソコンをつなぐLANケーブルの性能も、オンラインゲームを快適にプレイするために確認しておきたいポイントです。

LANケーブルにも種類ごとに性能の違いがあります。 LANケーブルには下記6つの規格があります。

規格 最大通信速度 伝送周波数帯域
CAT8(カテゴリー8) 40Gbps 2000MHz
CAT7(カテゴリー7) 10Gbps 600MHz
CAT6A(カテゴリー6A) 10Gbps 500MHz
CAT6(カテゴリー6) 1Gbps 250MHz
CAT5e(カテゴリー5e) 1Gbps 100MHz
CAT5(カテゴリー5) 100Mbps 100MHz

利用している回線の種類にもよりますが、光回線を契約中であればCAT6以上のLANケーブルを使うのが望ましいです。

LANケーブルの形が以下3つのうちどれなのかも、速度が安定するかを決める要因です。

・スタンダード
・フラット
・極細


もっとも速度が安定するのはスタンダードで、周囲からのノイズを拾いにくく遅延が起きにくいです。

フラットと極細は周りからのノイズを拾いやすいので、オンラインゲームには向いていません。

通信速度で選ぶ!LANケーブルの種類とおすすめの選び方

 

速度が遅く感じる場合はプロバイダー変更


time-for-change

周辺機器を見直しても通信速度が遅いのであれば、契約するプロバイダの変更が必要です。

他のプロバイダーへ乗り換えるなら、IPv6 IPoEに対応したプロバイダー「@nifty光」が注目の選択肢です。

@nifty光のIPv6 IPoEでは大容量サーバーで通信ができるので、利用者が多い時間でも速度が低下しません。

IPv6についてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ネット速度が改善するIPv6とは【接続確認から申込まで解説】


あらゆるキャンペーンを実施中で乗り換え費用の心配もないので、オンラインゲームをしたい人は検討してみるといいでしょう。

まとめ

onlinegame-summary

ここではオンラインゲームをするための準備を解説しました。

ネット回線とパソコンがあれば誰でもオンラインゲームが遊べます。本格的にオンラインゲームをプレイしたい人は、相応のスペックがあるパソコンや周辺機器を準備しましょう。

オンラインゲームをしているときに速度が遅いと感じたら、ルーターやLANケーブルなど周辺機器のスペックを確認してください。@nifty光をはじめとしたIPv6 IPoE対応プロバイダーへの乗り換えもおすすめです。

▼@nifty光の割引特典を今すぐチェック
ipv6

※2020年7月時点の情報です。
※本文中に記載されている通信速度は理論値です。必ずしもこの速度が保証されているものではなく、お客様の通信環境や接続の時間帯などによっては、思うように速度が出ない場合や接続が不安定な場合があります。

人気記事 インターネット回線が遅いときにとるべき11の改善策

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり