【LINE】意外と知らない?「友だちリスト」から企業の公式アカウントや友だちを削除する方法

「友だちになれば無料でスタンプがもらえる」といったフレーズに誘われ、LINEの企業公式アカウントを友だちに追加登録したことはありませんか。いざスタンプをもらったはいいが、その後興味あるメッセージがないのでアカウントを整理・削除したいけど、どうすれば……。意外と削除方法がわからなかったり手間がかかったりするLINEのアカウント整理方法をまとめてみます。

◆LINEの友だちリストを整理するにはどうすれば?

限定スタンプがほしくて、クーポンが使いたくてと、企業や店舗の公式アカウントをLINEの友だちリストに追加したことがあるという人は多いと思います。

とはいえ、スタンプさえ手に入ってしまえば……という人も。そんな場合は企業公式アカウントを削除するのも一つの手です。

ところが、いざ企業公式アカウントを削除しようとすると、これが意外に手間の掛かる作業。さらに友だちリストの整理方法には、「非表示」「ブロック」「削除」と3種類の設定項目があり、どれをどうすればいいか迷ってしまいます。

各設定項目を簡単に説明すると、

・非表示……友だちやトーク、タイムラインの投稿などを各画面に表示しない
・ブロック……トークや無料通話を送受信できないようにする。ブロック解除も可能
・削除……一切のつながりを断ち、友だちリスト追加前の状態に戻る

となります。

もし該当の公式アカウントに必要性を感じないようであれば、迷わず削除を選択して構いませんが、実はこの削除の方法が“くせ者”なのです。

◆友だちリストの削除はブロックor非表示にしてから実行

まずは実際のLINEの友だち削除の手順から見ていきます。操作方法はAndroidスマホ&iPhoneほかiOS共通で、以下の通りです。

(1)友だちリストから削除したいアカウントを長押し後、表示メニューから「ブロック」を選択

(2)歯車アイコン(「設定」)をタップし、「友だち」→「ブロックリスト」と進み、削除したいアカウント右の「編集」ボタンを押し、「削除」を選択
このようにアカウントを削除するには、一度「ブロック」リストに追加し、そこからさらに削除という作業が必要です。

なお、単に友だちリストから削除したい場合、上記(1)の手順で「非表示」を選び「非表示リスト」からも削除は行えます。

ただし、非表示からの友だち削除では“完全な削除”ができません。その理由については後ほど説明します。

また、LINEアプリのアップデート内容や、Android、iOSなどの状況に応じて、非表示リストからの削除ができないこともあったので、注意が必要です(※実際にiOS版のLINEアプリのバージョン9.12.0では非表示からの削除が利用できませんでした)。

ちなみに、Android版のLINEアプリの場合、「9.20.2」以降のバージョンなら、友だちリストで削除したいアカウント長押しで表示されるメニュー内の「削除」をタップすることでも、友だち削除が可能です。

◆ブロックからの友だち削除と非表示からの友だち削除の違いとは

先ほども触れましたが、LINEの友だち削除方法には、ブロックリスト経由と非表示リスト経由の2パターンがありますが、両者には大きな違いが。基本的にはどちらの手順で削除しても、そのアカウントは友だちリストから消滅しますが、その後のメッセージの受信に関しての挙動が下記のように異なります。

・ブロックリストからの友だち削除:相手からのメッセージは受信不可
・非表示リストからの友だち削除:相手からのメッセージは受信可能

つまり、単にリスト整理が目的ならどちらの方法でも大丈夫ですが、メッセージの受信なども必要なく、完全に友だちリストから削除したい場合、「ブロックリスト経由で削除」する必要があります。

なお、Androidの長押しメニューからの削除も、非表示リスト経由の友だち削除したケースと同じ扱いで、トーク履歴からのメッセージ送信や相手からのメッセージ受信はできます。

◆作業の手間を考えれば非表示やブロックを活用しよう!

今回紹介した方法は、企業公式アカウントだけでなく、友だちリストに入っているアカウントに対しても使えます。

単にトークやメッセージを受け取りたくないだけであれば、非表示やブロックするだけでも十分と言えます。非表示の場合はトーク内容を残したまま一覧から消すことも可能です。

というのもブロック削除を対個人に使うと、当然ながら一度ブロックリストに入れる=相手からのメッセージ受信を拒否することに。その結果、相手からすれば「ずっと既読にならない状態」になるほか、LINEの無料通話も使えない状態となり、場合によっては相手に“バレる”可能性も……。ここは慎重に決断する方が無難でしょう。

また、一度は消そうと思った人でも後々、また連絡をしようと思うこともあるかもしれません。

いきなり友だち削除……ではなく、“とりあえず”の対処方法として、ブロックリストや非表示リストを、そういったあいまいな人たちとの関係を見つめ直す上で効率的に使いつつ、友だちリストを整理してみてはいかがでしょうか。

※2020年1月時点の情報です。
※操作手順内の表現はOSや機種、アプリのバージョンにより異なる場合あり。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり