Wi-Fiルーターを見直して通信速度改善|注目すべき4つの機能とは

wifi_router_speedup

Wi-Fiの通信速度を改善するには、Wi-Fiルーターの見直しが必要です。Wi-Fiの通信速度は、「Wi-Fiルーターのスペック」と「回線品質」で決まるといっても過言ではありません。

せっかく安定した回線を契約していても、Wi-Fiルーターのスペックが低いと快適な通信速度が出ないため、使用するWi-Fiルーターの性能はチェックしておきたいところです。


通信速度が遅いと感じたら、Wi-Fiルーターのスペックをチェックのうえ、買い替えを検討してみることをおすすめします。

 

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)選び2つのポイント

 

対応の無線LAN規格で選ぶ


Wi-Fiの通信速度が遅いときは、Wi-Fiルーターが対応している無線LAN規格を確認してみてください。Wi-Fiルーターがどの無線LAN規格に対応しているかによって、Wi-Fiの通信速度は大きく変わってきます。

 

無線LAN規格は以下の5つがあり、IEEE802.11acに対応したWi-Fiルーターであれば、一度に運ぶ情報量が多いため、光回線をより快適に利用できます。

router_spec

ちなみに現在は、IEEE802.11ad (最大通信速度6.8Gbps)やIEEE802.11ax(最大通信速度9.6Gbps)といった新しい規格も登場していますが、契約している回線速度が通信速度の上限となる点にご注意ください。

Wi-Fiルーター規格の詳細は、以下の記事を参考にしてください。

光回線を高速化するにはWi-Fiルーターの「11ac」「11ax」など規格に注目

 

有線接続も使う場合、LANポートの対応規格も確認


有線接続も行うのであれば、LANポートの対応規格もチェックポイントの1つになります。LANポートがどの規格に対応しているかによって、有線接続の通信速度が大きく変わってきます。

無線LAN規格は以下3種類で、1000BASE-T対応のWi-Fiルーターを使うことをおすすめします。

lan_port_spec

Wi-Fiルーターが1000BASE-Tに対応していないと、光回線の性能を引き出せないため、有線接続の速度が遅いと感じたら、1000BASE-T対応のWi-Fiルーター導入を考えてみましょう。

LANケーブルの種類と選び方については、以下記事を参考にしてください。

通信速度で選ぶ!LANケーブルの種類とおすすめの選び方

 

速度改善が期待できる機能4点

Wi-Fiルーターとデバイスの接続状態が安定するかについても、チェックしてほしいポイントです。

Wi-Fiルーターを買い替えるときに、以下4つの機能に対応したモデルであれば、接続状態の安定感が向上します。

1、ビームフォーミング
2、MIMO・MU-MIMO
3、バンドステアリング・オートチャンネルセレクト
4、IPv6パススルー

上記4つの機能について解説します。

ビームフォーミング


ビームフォーミングとは、Wi-Fiルーターが特定の通信機器に向けてWi-Fiを発信する機能です。

ビームフォーミング機能搭載のWi-Fiルーターを使うと、ルーターから離れた部屋にいても接続状態が安定するようになるため、Wi-Fiルーターから離れても、通信速度が低下しにくいメリットもあります。

Wi-Fiルーターから離れた場所での通信速度が遅いと感じるのであれば、ビームフォーミング機能搭載モデルはおすすめです。

 

MIMO・MU-MIMO


MIMO(マイモ)とは、一つのWi-Fiルーターが複数のアンテナを用いて複数のデバイスでのWi-Fi通信を可能にする機能です。

ただし、MIMOのみ対応の場合、一つのWi-Fiに接続するデバイスが多いと一つの通信路を複数のデバイスで共有するため、通信状態が不安定になることがあります。

この問題を解消するために、Wi-FiルーターがMU-MIMOに対応しているか注目してみましょう。

MU-MIMOでは、デバイスそれぞれに通信路を供給するので、同時接続しているデバイスが多くても速度が不安定になりません。

 

バンドステアリング/オートチャネルセレクト 


バンドステアリングとオートチャンネルセレクトは、Wi-Fiの通信状態を安定させてくれる機能です。

バンドステアリングは、2.4GHzと5GHzの異なる周波数帯のWi-Fiを発信してくれる機能です。

複数のデバイスが2.4GHz帯に接続して混み合った際に、5GHz帯に接続して通信状態を安定させるといったことが可能です。

 

オートチャンネルセレクトは、同一の周波数帯の中で空いているチャンネルに誘導してくれる機能です。

集合住宅では、隣近所に飛んでいるWi-Fiと干渉するリスクがありますが、オートチャンネルセレクト機能があると、チャンネル数を変えて干渉を防いでくれます。

 

IPv6パススルー


IPv6パススルーは、回線から受け取ったデータを直接パソコンなどのデバイスに素通りで送信し、IPv6での通信を可能にする機能のことです。

 

IPv6とは、IPv4のIPアドレス枯渇問題を解消するために普及が進められているプロトコルです。IPv6には、IPoE方式で通信をして速度が安定するメリットもあります。

ネット速度が改善するIPv6とは【接続確認から申込まで解説】

IPv6で利用できるIPoE方式では、混雑しにくい回線経路を使って通信をするので、IPv6パススルー対応のWi-Fiルーターは、通信速度を改善したい人におすすめです。

 

ただし、IPv6パススルー対応ルーターを使ってIPoE通信をするには、契約回線もIPv6対応でなければいけません。IPv6パススルー対応ルーターを検討する場合、契約している回線がIPv6対応なのか確認してください。

IPv6パススルー(ブリッジ)についての詳細は、以下の記事をご確認ください。

IPv6パススルー(ブリッジ)とは? どういうときに使うもの?

 

速度を改善するなら固定回線も見直そう

ここでは、通信速度を改善するためのWi-Fiルーターの見直し方法をご紹介しました。通信速度を改善するためにWi-Fiルーターを見直すときは、以下3つの条件を満たした機種がおすすめです。

1、無線LAN規格が11ac
2、LANポートの対応規格が1000BASE-T
3、ビームフォーミングやMIMOなどの機能が搭載


また、Wi-Fiルーターを見直す際は、契約回線の見直しもしておきたいところです。

通信速度は、契約している光回線やプロバイダーでも左右されます。通信速度を改善したいのであれば、@nifty光への乗り換えをおすすめします。

 

@nifty光はIPoE方式で通信可能なV6プラスに対応しているので、IPv6パススルー対応ルーターの性能を活かせます。

 

さらに@nifty光では、高性能なIPv6対応ルーターがレンタルできます。

router-rental

Wi-Fiルーターのレンタルは最大25ヶ月間無料なので、Wi-Fiルーターの購入費用が心配な人にもおすすめです。

 

※2020年9月時点の情報です。

※本文中に記載されている通信速度は理論値です。必ずしもこの速度が保証されているものではなく、お客様の通信環境や接続の時間帯などによっては、思うように速度が出ない場合や接続が不安定な場合があります。

Wi-Fiルーターでネット速度が変わる|スマホも固定回線のWi-Fi接続で速くなる

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり